MENU

グレインフリーが健康に良いわけではない

●グレインフリーが健康になれるわけではない
穀物を食べなければ病気にならないわけではありません。
あくまで、犬にとって不必要な穀物を排除することで、
しっかりと栄養を摂って健康になろうというドッグフードです。

 

●グレインフリーが健康に良いわけじゃない
穀物が入っていないという事実は
犬の健康に対して「配慮している」という言い方ができます。
健康に良いからグレインフリーを食べるのではなく
グレインが犬にとっていらないものだから、グレインフリーがいいと考えます

 

●グレインが害なわけじゃない
グレインを食べると、すぐに死んでしまうわけじゃありませんし
グレインのせいで病気になっているわけでもありません。
決して、穀物のせい!とは言い切れません。

 

それでも、犬にとってはグレインフリーのドッグフードが良い。

 

なぜグレインフリーが良いといえるのか?
街で、ポイ捨てをしないのと一緒ですよ。
ゴミ箱がないからといって、街中に空き缶を捨てると
空き缶はもともと大地から生まれた自然のものではないため
街が空き缶を消費、または排除することはできません。
人が手を加えて片づけないと、街中空き缶だらけになっちゃいますよ。

 

では、犬には「穀物」を消化する力がしっかりと備わっていないのに
穀物を与えて良いのでしょうか?
穀物を消化する酵素すらない犬に、グレインを与えることが健康だといえるのでしょうか。

ではなぜグレインフリーが良いとされているのか?

「グレインフリー」は犬にとって不必要なグレインを排除しているからこそ
犬の健康を考えた食事だといえます。

 

グレインから得られる栄養分もありますが、
犬は消化吸収ができないため、せっかくの栄養を台無しにしてしまっています。

 

そこで、これまでグレインで摂ってきた栄養を
犬がしっかりと消化吸収できる食材から摂ることで
栄養バランスが良くなり健康になれるというわけです。

 

だからグレインフリーは健康に良いと言われていたんですね。

 

私も以前は、グレインを含んだドッグフードを与えていました。
便の回数が多い割に、よく吐くし毛艶も良くないし
涙やけもいつもありました。

 

そこで、グレインフリーのドッグフードが良いなと思ったんです。
肉食の犬に、穀物なんて与えても犬の為にはならないんですよ!

 

飼い主なら犬の健康にくらい気を使いましょう。
また、穀物がいかに犬にとって不必要な存在なのかを、理解して下さい!

 

⇒イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』の詳細はコチラ

 

⇒ドッグフードならカナガンがおすすめ!愛犬家が選ぶ犬の餌TOPはこちら